買い物難民支援

現在、日本中で食料品や日常品などの日常の買い物に困ってる方は、高齢者を中心に約600万人にのぼると考えられています。

こういった現象は、何も地方の過疎地に限った事ではなく、都市中心部でもみられます。

今後、日本では少子高齢化が加速化するにあたって買い物に困る人も増えると考えられています。

買い物代行チラシ